ガジェット

  (最終更新日:2018.11.19)

GoPro hero 7 Black購入と最低限必要な物





GoPro本体とアクセサリー

2018年9月27日に発売された最新のGoPro Hero 7 Blackを購入しました。ハイパースムーズ機能搭載でジンバルなどのスタビライザーなしでも手ブレを気にすることなく動画を撮影出来るハイエンドモデルです。

SNSなどの発達で何気に写真や動画を撮る機会も増えてきている現代で、動画を綺麗に撮りたいと思い購入しました。

GoProシリーズ、Black・Silver・Whiteなどの違いなどは改めて書こうと思いますが、GoProを初めて使う方に最低限必要なアクセサリーなどでも紹介しようと思います。

『GoPro Hero7 Black』

GoPro Hero7 Bkack

まずは本体GoPro Hero7 Black。アクションカメラの中ではSONYのアクションカメラと並ぶ人気製品。現行モデルが第7世代目の製品です。アクティブシーンでの使用に耐えうる耐久性と防塵、そして水深10mまでの防水性。アウトドアからダイビング等のあらゆるシーンで活躍出来るカメラです。

エントリーモデルのWhiteと中堅機種のSilver、そして上位モデルのBlackシリーズ。SilverシリーズとBlackシリーズでは機能的に大きな違いは無いですが、Blackシリーズのみに搭載されるハイパースムーズ機能が魅力的な機種です。電子式画像安定化機能により、手ブレ等を予測してレンズの動きを制御する機能です。アクティブシーンでの使用が多いGoProでこの機能が搭載された事は、ジンバル等のスタビライザーが無くても滑らかな動画が撮影できより綺麗に映像として残せると思います。

GoProの公式サイトにハイパースムーズ機能についての紹介と動画も紹介されているので、一度拝見されてはいかがでしょうか。

手ブレ安定化のためのジンバルなどのスタビライザーだけでも2万円ぐらいはすると思うとありがたい機能の一つです。下位機種のSilverとの価格差よりもジンバルの方が値段がすると思ったので、今回私はGoPro Hero7 Blackの購入に至りました。スノーボードなどのスポーツシーンなどでも安心して使える一台です。

またこれもBlackのみですが前述のハイパースムーズ機能により従来のタイムラプスに加え、タイムワープビデオも搭載されています。こちらは移動しながらのタイムラプス動画を撮影出来る機能です。従来は三脚等で固定しながらでしかタイムラプスは綺麗に撮れませんだしたが、ハイパースムーズ機能の強力な手ブレ補正により実現出来た機能の一つです。

静止画に動画にオススメする一台です。

 

『microSDカード』

SanDisk製Extreme32GB

記録媒体用に必要になるのが、microSDカードです。GoPro製品はバッテリーにしろ動作保証に関して推奨品が決められており、microSDカードもGoProで動作保証するものが紹介されております。4Kビデオの書き込み等、負荷がかかるものなのでこの辺は動作保証されている物(GoPro正規代理店タジマコーポレーションサイトへ)を購入するのが無難だと思います。

GoPro Hero7で動作保証されているmicroSDカード(GoPro正規代理店タジマコーポレーション公式サイトより)

microSDカードを選ぶ性能として、最大書き込み速度が90MB/秒がポイントです。

今回私が購入したのは、GoProで動作保証されているSanDisk製EXTREME 32GBのmicroSDカードです。予算が許せるなら上位クラスのSanDisk EXTREME Proという選択肢もありかと思います。他に推奨されているのが、SAMSUNG製microSDカードです。最低限の性能さえおさえていれば、この辺はユーザーの好みで選んでいいかな思う。

GoPro公式サイトからの通販でGoPro本体を購入するとSanDisk製EXTREME64GB microSDカードがサービスでついています。私はTポイントの関係上Yahoo!ショッピングで購入しましたが。

私が購入したSanDisk EXTREME microSDカードはヨドバシカメラで購入したのですが、スタッフの方いわく同じ型番でも製造工場の違いで動作が不安定になるという声があるらしく、Made in Chinaで作られたmicroSDカードは安定しているみたいですが、Made in Taiwanだと稀に記録しなかったり等があるらしいので購入の際は一度確認した方が良いかと思われます。

中国工場で作られたExtreme microSD

容量に関しては4Kビデオを長時間撮ったりする場合は64GBもしくは128GBぐらいあれば余裕を持って撮影出来ると思います。とりあえず私は32GBで様子をみて、更に上の容量を購入する予定です。

私がメインで使うビデオ解像度1080p程度の動画ならEXTREME microSD 32GBで約2時間は撮れます。

『GoPro公式アプリ』

GoPro公式アプリの一つ。GoPro単体でも使えますが、iPhoneやAndroid端末などのスマホと連携させるとより便利にGoProが使用する事ができます。

初期設定時のペアリング時はBluetoothで接続し、その後はWiFi接続で利用出来るアプリです。スマホの画面で被写体を確認しながらシャッターも切れるのと、撮影設定はもちろん記録した動画や静止画をWiFi経由でスマホに取り込める便利アプリです。

アプリでスマホと連携

静止画撮影などでシャッターを押すときのブレを抑えたい時などに重宝します。また自撮り撮影の際もスマホで確認しながら撮影出来るので、GoProを使用される方はぜひ入れておきたいアプリです。

GoPro (formerly Capture)

GoPro (formerly Capture)

GoPro, Inc.無料posted withアプリーチ

次のページでは周辺機器の案内です。
ページ:

1

2

関連記事

  1. ガジェット

    GoPro Hero7トライポッドマウントの使い道

    アクティブシーンで活躍する人気のアクションカメラGoPro。…

  2. ガジェット

    GoPro自撮り用にVelbon一脚購入。スノーボードにも!

    アクティブシーンで活躍する人気のアクションカメラGoPro。…

  3. ガジェット

    Apple Watch series4 GPSモデル購入。

    こんにちは、クボッキーです。腕時計は基本仕事の時くらいしか付け…

  4. ガジェット

    GoPro Hero7Black純正バッテリー&充電器

    『GoPro Hero7 Black』アクティ…

  5. ガジェット

    コスパ良し!SONY α6000ミラーレス一眼カメラ

    初心者にオススメする、ミラーレス一眼カメラの紹介で…

  6. ガジェット

    GoPro公式動画編集アプリQuickが地味に使える件。

    こんにちは、クボッキーです。久々にGoPro関…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. スノーボード

    釣りもスノーボードも安全に楽しく
  2. 日記

    KUBOKKY.COM
  3. WordPress

    WordPressで始めたブログも1週間が経ちました
  4. 日記

    あけましておめでとうございます!
  5. モバイルアプリ

    Genius Barの予約方法から利用方法
PAGE TOP