株式市場概況

  (最終更新日:2023.01.19)

2023年1月19日の株式市場概況

東証市場概況

2023年1月19日の東証市場は反落しました。

日経平均株価は前日比-385円89銭(-1.44%)の26,405円23銭でした。

前日の米国市場が下落した流れを引き継ぎ日本市場も売りが先行して取引スタート、終日軟調な流れで取引を終えました。

米国企業決算で先行きの景気見通しが芳しくなく投資家心理が悪化、日本市場も前日の日銀会合後の急騰による短期的な利益確定の売り、そしてドル円レートも1ドル128円前後と前日から円高傾向になったことも、自動車などの輸出株を中心に売られました。

前日の解説でも本日の昼ぐらいは様子見でもよいと解説。米国を中心に変動性が高まる株式市場、今後の展開に注目が集まります。

米国市場情報

米国18日の米国市場は続落しました。

NYダウ平均 33,296.96ドル(-613.89 -1.81%)

S&P500 3,928.86ポイント(-62.11 -1.56%)

ナスダック総合 10,957.01ポイント(-138.10 -1.24%)

米国PPIおよび小売売上高は市場予想を下回り、インフレ懸念が和らぎ先行きのFRBによる利上げペースが緩むとの期待で取引序盤は買いが先行しました。

その後は上値が重く、米企業決算や利上げによる景気への影響が懸念され続落して取引を終えました。

マイクロソフトが人員削減計画を発表するなど、ハイテク企業や銀行などが相次いで人員削減を示していることから先行きの景気不安が投資家心理を冷やしました。

東証市場情報

東証プライムの売買代金は概ね2兆5173億円、売買高は10億5460万株でした。

東証プライムの値上がり株は505、値下がり株は1247、変わらずは86でした。

インバウンド関連など空運、小売の2業種のみ上昇。

輸送用機器、保険、鉱業、銀行など輸出関連、金融関連などは下落しました。

テクニカルでは前日の高値と安値におさまる持ちあい。25日移動平均線が抵抗に意識され、ボリンジャーバンドの1σにも抵抗にあう形となりました。

節目の26,500円も割り込み、明日以降も本日の価格を超えられなければ調整いりすることも念頭にいれましょう。

前日の解説でも過熱感から解消され次第した方がよいと解説。

今夜も米国市場は失業率などの雇用関連指数とフィラデルフィア連銀景気指数を控え、株式市場に影響を与える指標なのでウォッチしましょう。

明日は週末要因で変動が高まりやすいのと、来週末から本格化する国内決算など、思惑による変動などに注意。

大きくポジションをとるには週明けからのほうが懸命といえるでしょう。

2023年1月18日の株式市場概況前のページ

2023年1月20日の株式市場概況次のページ

関連記事

  1. 株式市場概況

    2022年3月23日東証マーケット概況

    2022年3月23日の日経市場は7営業日続伸しました。東証日経平均株…

  2. 株式市場概況

    2022年7月4日の株式市場情報

    日経市場概況2022年7月4日の日経市場は反発しま…

  3. 株式市場概況

    2022年5月17日の日経マーケット情報

    日経市場概況2022年5月17日の日経市場は続伸し…

  4. 株式市場概況

    2023年1月13日の株式市場概況

    東証市場概況 2023年1月13日の東証市場は反落しました。…

  5. 株式市場概況

    2022年12月15日の株式市場概況

    東証市場概況 2022年12月15日の東証市場は反落しました…

  6. 株式市場概況

    2022年10月6日の株式市場概況

    東証市場概況 2022年10月6日の東証市場は続伸…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. YouTubeもかたま夫婦のマネー大学

    事業復活支援金について
  2. スノーボード

    スノーボード用サングラス
  3. 株式市場概況

    2022年12月2日の株式市場概況
  4. 金利と中央銀行の勉強にわかりやすい本 アイキャッチ

    本・勉強

    金利と金融政策の勉強に役立つ書籍
  5. 株式市場概況

    2022年8月3日の株式市場概況
PAGE TOP