株式市場概況

  (最終更新日:2022.03.9)

2022年3月9日マーケット概況

2022年3月9日の日経市場も前日比-73円42銭の24,717円53銭(-0.30%)と続落しました。売られすぎからの自立反発と割安感と、アメリカ時間外取引にてダウ上昇などで、一時節目の25,000円を上回る場面もありましたが、買いの圧力は続かず、引けにかけ下げに戻され反落して終了。露ウクライナの地政学リスクに加え、原油などの資源高によるリスク回避による売りが続いたようです。

米国市場はダウ工業株前日比-184ドル74セントの32,632ドル64セント(-0.56%)、ハイテク関連のナスダックも前日比-35.41ポイントの12,795.55ポイントと続落。世界的に株安になりつつあります。昨年末から米国債、長短金利差が縮まり市場の変調兆しがみられてはいましたが、露ウクライナの地政学リスクでより下落に勢いがつきました。

東証一部売買代金は概ね3兆2731億円、売買高は15億51万株でした。東証一部の値下がり株1209株、値上がり883株、変わらずは85株でした。連日の下げきつかった空運株や銀行株、素材関連株は上昇しました。

昨日のテクニカル分析からも、下げ止まるか反発するか未知数と伝えておりましたが、朝一の取引スタートから25,000円を超えたことで反発かなと思いましたが、依然と売りの圧力は強い印象です。まずは資金の温存を徹底することに徹しましょう。上がり始めのサインも弱いので、ファンダメンタルを重視した中・長期的な戦略に向け物色してはどうでしょうか。環境関連、DXなどは中・長期的に堅調な銘柄になりそうです。

2022年3月8日マーケット概況前のページ

2022年3月10日マーケット概況次のページ

関連記事

  1. 株式市場概況

    2023年1月17日の株式市場概況

    東証市場概況2023年1月17日の東証市場は反発しました。…

  2. 株式市場概況

    2022年12月9日の株式市場概況

    東証市場概況 2022年12月9日の東証市場は反発し…

  3. 株式市場概況

    2022年6月15日の株式市場情報

    日経市場概況2022年6月15日の日経市場は続落し…

  4. 株式市場概況

    2022年12月30日の株式市場概況

    東証市場概況 2022年12月30日の東証市場は横ばいでした…

  5. 株式市場概況

    2022年11月17日の株式市場概況

    東証市場概況 2022年11月17日の東証市…

  6. 株式市場概況

    2022年12月2日の株式市場概況

    東証市場概況 2022年12月2日の東証市場は反落しました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 株式市場概況

    2023年1月31日の株式市場概況
  2. 株式市場概況

    2022年7月14日の株式市場概況
  3. 株式市場概況

    2023年1月17日の株式市場概況
  4. 釣り

    2018年12月5日神戸沖堤防釣果
  5. 株式市場概況

    2022年3月29日日経マーケット概況
PAGE TOP