株式市場概況

  (最終更新日:2023.03.1)

2023年3月1日の株式市場と注目銘柄

目次

東証市場概況

2023年3月1日の東証市場は続伸しました。

日経平均株価は前日比+70円97銭(+0.25%)の27,516円53銭でした。

朝方は米国市場の下落を受け売りが先行しましたが、売り一巡後は値頃感や中国PMIの結果が好感されたことを受け小幅ながら続伸しました。

東京エレクトロン、ディスコなど半導体セクタが買われました。

日本市場の底堅さが認識され、3月末の配当株を狙った買いなど注目です。

米国市場情報

米国28日の米国市場は反落しました。

NYダウ平均   32656.70ドル(-232.39 -0.71%)
S&P500    3970.15ポイント(-12.09 -0.30%)
ナスダック   11455.54ポイント(-11.44 -0.10%)

米国FRBによる利上げ長期化の懸念により米国市場は方向感のないまちまちな相場で小幅に反落しました。年初の米国市場は大きく上昇したものの、2月頭の雇用統計の発表から利上げへの懸念が再燃。S&P500は4000ポイントを下回り2月の取引を終え弱気相場入りへの警戒となりました。

今週は小売企業の決算が予定されるなか消費行動が今後どのような見方になるかに注目です。

東証市場情報

東証プライムの売買代金は概ね2兆7883億円、売買高は11億2925万株でした。

東証プライムの値上がり株は1075、値下がり株は672、変わらずは88でした。

鉱業、鉄鋼、非鉄金属、卸売、石油・石炭、機械、食料品とバランスよく上昇しました。

精密機器、海運、医薬品などは下落しました。

テクニカルでは上髭の短い陽線で、高値と安値は切り下げたので形では下落。

75日200日移動平均線がサポートとなり切り返しました。やや様子見に近い相場となりました。

まとめと注目銘柄

3月最初の取引は、欧米および中国市場に左右された相場でしたが、サポートと意識されるポイントではしっかり買い戻しの動きもあり日本市場の底堅さが認識される1日でした。

2月から全体では動きにくいですが、配当株や中国関連などを手がかりとした銘柄の物色は短期的には続きそうなので注目してみましょう。

トリケミカル研究所(4369)などテクニカル的には面白い位置にあります。

2023年2月28日の株式市場と注目銘柄前のページ

2023年3月2日の株式市場と注目銘柄次のページ

関連記事

  1. 株式市場概況

    2022年6月22日の株式市場概況

    日経市場概況2022年6月22日の日経市場は反落し…

  2. 株式市場概況

    2022年3月15日マーケット概況

    2022年3月15日の日経市場は、前日比+38円63銭の25,346…

  3. 株式市場概況

    2022年10月11日の株式市場概況

    東証市場概況 2022年10月11…

  4. 株式市場概況

    2022年11月22日の株式市場概況

    東証市場概況 2022年11月22日の東証市…

  5. 株式市場概況

    2022年6月16日の株式市場情報

    日経市場概況2022年6月16日の日経市場は反発し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 株式市場概況

    2023年1月4日の株式市場概況
  2. 株式市場概況

    2022年5月23日の日経マーケット情報
  3. コラム・思想

    生活の為のコストは下げられるよね
  4. 株式市場概況

    2023年4月10日の株式市場と注目銘柄
  5. 株式市場概況

    2022年12月20日の株式市場概況
PAGE TOP