株式市場概況

  (最終更新日:2022.09.6)

2022年9月6日の株式市場概況

東証市場概況

2022年9月6日の東証市場は5日ぶりに小幅に反発しました。

日経平均株価は前日比+6円90銭(+0.02%)の27,626円51銭でした。

米国市場休場のため、中国・上海市場を手掛かりに小幅に反発、朝の取引開始時は売りが先行しましたが、売り一巡後は値頃感と1ドル141円台の円安を頼りに、そして休み明けの米国市場の反発を期待した買いなど一進一退の動きとなりました。

ただ景気減速懸念は根強く、欧州・ドイツ市場の軟調な動きなどで上値は重く、プラス圏に転じたあとは戻り待ちの売りに押されました。

ディスコやアドンテスト、SUMCOなどの半導体関連の一角も買われました。

米国市場情報

米国5日の米国市場はレイバーデイのため休場でした。

東証市場情報

東証プライムの売買代金は概ね2兆1250億円、売買高は8億5021億円でした。東証プライムの値上がり株は883、値下がり株は850、変わらずは104でした。

精密機器、鉄鋼、非鉄金属、繊維、輸送用機器などの景気敏感株と素材系株、そして医薬品のディフェンシブ株などバランスよく買われました。反面サービスは売りがきつく、昨日に続き空運は売られ、海運も売られました。IHIや三菱重工などの重工形の一角も買われました。

テクニカル的には前日や高値と安値を切り上げて形では上昇。5日移動平均線とボリンジャーバンドの-1σの抵抗にあい上髭の方が長く実体の短いローソクで、迷いの形となりました。200日移動平均線に下値を支えられ、節目の27,500円には支えられていますが、引き続き調整が進みやすい位置にあることは念頭にいれておきましょう。

日経VIX指数は19.72(-14.93%)と20を下回りましたが、今週は昨日述べたようにECB政策金利やメジャーSQなどのイベントを控え神経質な動きになりやすいでしょう。

先月より解説していますように、TOPIX2%安、マザーズ指数+0.42%、TOPIX small+0.21%で、中型株や小型株なども注目してみしょう。

2022年9月5日の株式市場概況前のページ

2022年9月7日の株式市場概況次のページ

関連記事

  1. 株式市場概況

    2022年8月18日の株式市場概況

    東証市場概況2022年8月18日の東証市場は反落し…

  2. 株式市場概況

    2022年12月28日の株式市場概況

    東証市場概況2022年12月28日の東証市場は反落しました。…

  3. 株式市場概況

    2023年3月15日の株式市場と注目銘柄

    東証市場概況2023年3月15日の東証市場は反発しました。…

  4. 株式市場概況

    2022年5月13日の日経マーケット情報

    日経市場概況2022年5月13日の日経市場は反発し…

  5. 株式市場概況

    2022年9月7日の株式市場概況

    東証市場概況2022年9月7日の東証市場は反落しま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 株式市場概況

    2022年10月14日の株式市場概況
  2. 日記

    若狭和田海水浴場
  3. 株式市場概況

    2022年7月5日の株式市場情報
  4. 株式市場概況

    2022年11月8日の株式市場概況
  5. 旅行記

    八重山列島旅行記・波照間島観光スポット
PAGE TOP