コラム・思想

  (最終更新日:2018.12.30)

SNSを否定する人を否定してみる

TikTok10代が「#広告で有名になりたい」を好む理由

ソーシャルネットワーキングサービス(以下SNS)の普及で、人間関係の繋がりも大きく変わろうとしている現代でSNSそのものの存在を否定する人って何なんだろって思ったりします。

否定派の言うてる事って何というか自動車や公共交通機関が発達している現代で、自分の足で移動しないと運動不足になるよってゆうのと同じ理論とか思ったりする

私はどちらかと言うと肯定派ですが、否定的な見方をする人って悪い面ばかりを取り上げているような気がする。

否定派の意見としたら売春や出会い目的・ネットいじめ・承認欲求といった所でしょうか。

もちろん善悪の判断が付けづらい子供たちは犯罪に巻き込まれる温床の一つとしてSNSは含まれるでしょう。

だけどそれで何でもかんでも規制したり、スマホやSNSの利用を禁止するのは間違ってると思う。

先の車の例えじゃないけど、車やバイクを安全に運転するために自動車教習所があるわけでしょう?

なら子供たちのSNSやスマホの利用に対してきちっとした教育をするのも親の役目だと思う。

否定するだけでロクにSNSを利用せずに、子供を縛り付けるのもよろしくないとか思ったりするし。

いくら自動車の安全性が上がろうが交通事故が無くならないのと一緒で、SNSを利用する以上はメリットもある分デメリットもあるってゆう事だと思う。

それは大人とてSNSを利用している以上、犯罪に巻き込まれる可能性もあるって事だと思う。

SNSのメリット・デメリットを理解した上で、メリットの方が私にとったら大きいのでSNSを利用しているに過ぎないです。

例えばTwitter等で著名人のツイートなども面白いし、偏向満載のテレビや新聞では伝えない本人の生の声などが観れたり、世の中の流れを知るにはSNSは画期的だと思う。

そもそも偏向だらけのテレビや新聞でしか情報源が無いよう人よりは、よっぽどまともな情報を得ているとか思ったりする。

YouTuberが職業かはわかりませんが、YouTubeで有名になり収入を得ている人もいるのも事実。

例えば一昔前は歌手やミュージシャンで有名になろうと思うと、レコード会社にスカウトされるかオーディションで合格してメジャーデビューするのがスターへの階段だったでしょう。

だけどネットの発達からSNSの登場でTwitterやインスタ、YouTubeなどを利用すれば個人で自分を表現できる時代になってきているし、それこそ誰かの目に留まって有名になることも可能でしょう。

私の知人で、趣味で手芸をやっておられる方がいるのですが、作った作品を売買目的でなくInstagramにアップしていたら欲しいという声がちらほら出てきたので、自前でWEBサイトを立ち上げ作品を販売してそれが仕事になった方もいるのも事実。

ようは使い方の問題であって、SNSを正しく利用すれば好きな事が仕事になったり、世界中の著名人の声などがリアルタイムに仕入れる事が出来ると思う。

もちろん仕入れた情報を鵜呑みにせずに、自分の頭で考え整理する事も大事ですし、ネット検索などで多角的に考察する事も必要と思ったりする。

日本の義務教育のように詰め込み型の教育も必要とは思うけど、時代の流れに沿った教育も必要じゃないんかなとか思う。

まっ教育する側のごく一部の教師がSNSを使って売春やバカな性犯罪を起こしたりしていますが

それにバカッターと呼ばれるような不適切な投稿をする大学生や高校生もいたり。

オンライン上というかバーチャルでの繋がりが強くなってきている現代ですが、人間関係の繋がりの根本的なところは今も昔も変わらないし、変えてはいけないとか思ったりする。

大切なのはリアルで会って交わすコミュニケーションだと思うし、人間の本質ってネット上の文字だけでは伝わらないし、直に会って本音で語ることの方が大事だと思う。

SNSはあくまでも自分を自由に表現する場の一つでもあるし、それを面白いや役に立ったっていう人がいればそれでいいわけで。

私がよく言う『SNSなんて居酒屋で隣の席の会話を盗み聞きしたら面白かったくらいのレベル』だと思う。

嫌ならフォロー外すなりすればいいだけだし。

もちろんTwitterやInstagramなんかでも怪しいビジネスの勧誘とかありますが、私は興味がない儲け話には一切シャットアウトするようにしています。

だいたい儲かる情報を一々人に教えないでしょう?

そういった情報にも正しい判断ができるようになるためには、常に情報を自分の頭で整理するのも大事かと思う。

スマホの普及でネットが持ち歩ける現代、怪しい情報やわからない事はGoogleなどの検索エンジンで調べるクセを付けるのも大事な一つです。

よく承認欲求の塊とかいう人いますが、正直言って気持ち悪って思う。

別に高価なブランド物や高級レストランで食事している写真をアップしているわけでもないのに。

インスタ映えってゆう言葉もありますが、美味しいご飯屋さんなどの写真をアップして、それで行ってみたいとか思われたら店側も宣伝になっていい事だと思ったりする。

自動車の話じゃないですが、SNSやインターネットも使い方一つだと思うし、正しい使い方や正しい判断ができるようにさせる為には親や教師、またはテレビのニュースなどで取り上げるべきだと思う。

テレビで犯罪的な面ばかり取り上げるばかりでなく、ネットやSNSに精通した人をコメンテーターに起用してSNSの表と闇の両方を伝えいくことも大事かと。

正直言って今の日本の若い子達って羨ましいとか思ったりもする。ネット規制のない日本で自分を自由に表現出来る環境が整っているし、暇つぶしというか娯楽もSNSなんかでお金をかけずに遊べるわけだし。

多分ですが、SNSを否定している人や承認欲求がどうたらこうたら言う人の中には、自分が若い時にこういったものが無かったので、半分妬みも含まれているのかなって思ったりする。

時代の流れを止める事は出来ない以上は、時代に合わせた教育が必要ですし、常日頃から色んな情報に触れて自分の頭で考えるクセも大事かと思う。

SNSを否定するだけして便利な使い方をしようとしない人を、私は否定したいです。

『承認欲求を否定する』

アドラー心理学の『嫌われる勇気』にある承認欲求(P.128)を否定する。

誰だって少なからず認められたい願望はあるでしょう。

だけどそれは他人軸で生きてる証拠。

SNSで個人で発信できる時代に、好きな事や楽しい事が気軽に表現できる以上、自分の時間を楽しく過ごすのはいい事だと思う。

もちろん勉強も大切ですが、長い人生なにかしらの遊び心も大事でしょう。

法に触れないという前提で、SNSも娯楽の一つにもなるし時代の流れを読む便利なもの一つだと私は思います。




関連記事

  1. コラム・思想

    子なしという選択もありとか思う

    「選択的子なし」にした女性たちの声 「仕事のストレスだけで精一杯」「…

  2. コラム・思想

    僕が宝くじを買わない理由

    毎年この時期になると年末ジャンボ宝くじの話題が上がりま…

  3. コラム・思想

    古臭い結婚のしきたりに嫌気がさす

    【コラム】気持ち悪いルールに縛られた結婚式。誰のためのイベントなの? …

  4. コラム・思想

    サービス過剰精神は考え直したらどうか

    台風21号、京都でも道路の木が折れたり、嵐山『渡月橋』の欄干が倒れたり…

  5. コラム・思想

    生活の為のコストは下げられるよね

    2019年10月1日に消費税が現行の8%から10%へ引き上げられる事が…

  6. コラム・思想

    働き方改革に思うこと。

    2019年4月1日より働き方改革法案が順次施行され…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. モバイルアプリ

    Genius Barの予約方法から利用方法
  2. グルメ

    とくら桂本店
  3. コラム・思想

    サービス過剰精神は考え直したらどうか
  4. 日記

    KUBOKKY.COM
  5. 日記

    自動運転の未来
PAGE TOP